キービジュアル

ドクター紹介

婦人科クリニックを、
もっと気軽に受診してほしい。
あなたの小さな気付きが、
ライフステージを快適にします。

院長 奥久人 Hisato Oku

病院に行くのは、急に出血したとかお腹の痛みが我慢できなくなってきたとか、明らかに何かおかしいと思った時がほとんどです。しかし、健康な生活を快適に続けるには、ちょっとした不快感、なんとなくおりものがいつもと違う、出血量がおかしい、PMSかしら?など、「こんなことで病院に行っても良いのかな」と思うぐらいで気軽に相談していただくことをおすすめします。
子宮内膜症や子宮筋腫に対する腹腔鏡手術に従事した後、手術前後の経過観察やピルによる調整、感染症など「日々の生活」に密接に関わってきました。その中で「ちょっとした症状」の背景に疾患が潜んでいたことは少なくありません。何の病気もなくても、そのような症状はちょっとしたサポートで改善するものもありますし、大きな病気を予防できることも多いものです。
皆様のライフステージに合わせた最善の選択のサポートをさせていただきます。どうぞお気軽に受診してください。

専門分野

内膜症、筋腫、腹腔鏡、ホルモン療法

資格

医学博士

日本産科婦人科学会専門医

日本産婦人科内視鏡学会技術認定医

日本産婦人科内視鏡学会技術認定医審査委員

日本産婦人科内視鏡学会評議員

副院長 佐伯 愛 Ai Saeki

あらゆる年代の女性が、今も月経にまつわる痛みや出血、多くの症状や不安に耐えながら生活しています。我慢することに慣れてしまっている人がいかに多いかという現実に、日々の診療で直面します。我慢をしないで、ぜひ受診をしてみてください。本来の自分らしく生きられるように、何かお手伝いができるかもしれません。
私は、長年、子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣嚢腫などに対する腹腔鏡手術を専門とし、安全で体にやさしい丁寧な手術を追究してきました。手術は本当に必要なタイミングで、目的を持って計画すべきです。現状を的確に診断し、上手く薬物療法を行なえば、不要な手術を避けられる場合もあります。現状だけでなく将来も見据えて、ひとりひとりの方にとって最善の選択となるよう、丁寧にご説明・ご提案いたします。

専門分野

子宮内膜症・子宮筋腫や卵巣嚢腫に対する腹腔鏡手術、ホルモン療法

資格

日本産科婦人科学会専門医

日本産婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医

日本産婦人科内視鏡学会評議員

麻酔科標榜医

担当医師表

担当医師表

治験について

当院は、常に新しい情報を取り入れることを大事にしています。治験もその1つです。治験を行うことによって、より早く専門的な知識を得て、またその薬が承認された際にはより早く最新の治療に反映できるものと考えます。
治験は、医師(病院)がやりたいというだけで行えるものではありません。治験を行うためには、その治験の依頼者(製薬会社)から、治験の依頼を受けられる信用が必要です。治験を行なっているということは、その領域の疾患、医療に対する信用があると考えることができます。
クリニックとして、日々進化していく医学・医療の発展に寄与し、また社会にも貢献できるものと考えています。

当院の医師(奥、佐伯)は、これまでにも様々な女性のヘルスケアにかかわる治験に、管理責任医師、分担医師として関わっています。

治験実績

  • 月経困難症
  • 子宮腺筋症
  • 子宮内膜症
  • 避妊リング
  • 鉄欠乏症貧血
  • 避妊
  • 再発性カンジダ膣外院炎
  • 更年期(ホルモン補充療法)

他、多数

現在募集中の治験

治験について詳しく知りたい方は、お電話にてお気軽にお問い合わせください。

経口避妊ピル 

募集期間
2022年6月まで(予定)
参加期間
約1年4か月
来院回数
原則9回